白髪をピンポイントでカットできるグッズ!白髪は抜かない方がよいのはなぜ?

白髪をピンポイントでカットできるグッズ!白髪は抜かない方がよいのはなぜ?

こんにちは、日々の幸子(@hibinohappy)です。

40歳を過ぎると、「あれ? 白髪が増えてる!」ということが多くなりました。

私は、高齢出産だったというのもあり、産後のホルモンバランスの乱れに加え、日々の育児による疲れもあり、40歳を過ぎたらお肌のシミやらくすみやら白髪やら、体の老化現象が一気にやってきました。生きている以上は老化するのは避けて通れないですが、なんだか悲しい。

生え際などに増えてきた白髪。見つけ次第抜きたくなっちゃうけれど、どうやら抜くのはNGらしいですよ。ではどうしたらいいのでしょう? おすすめの白髪カットアイテムとともにご紹介します。

増えてきた白髪はどうする?

アラフォー、アラフィフの方は、白髪はまだ数える程度の人が多いと思いますが、たとえ数本でも目立つし気になりますよね。白髪は、最初はある一部のところだけ生えていることが多いですが、その生える範囲は年とともにだんだんと広がってくるものです。

白髪を見つけ次第、毛抜きで抜いている方も多いと思いますが、それは髪にとってはNGなんです! 抜くのはすぐにやめたほうがいいですよ。

白髪を抜くのがNGな理由

白髪が数本くらいだと白髪染めするほどでもないし、毛抜きなどで抜きたくなりますよね。昔小さかった頃に、母の白髪を抜いてあげた記憶もあり、抜くのが当然と私は思っていました。

ところが、白髪を抜くのはNG

なぜなら、白髪を抜くと、毛根や頭皮を傷つけて炎症を引き起こしてしまう可能性があり、最悪の場合、毛母細胞がダメージを受けてその抜いた毛の毛穴から二度と髪の毛が生えてこなくなる場合もあるからです。

 

日々の幸子
日々の幸子

髪の毛の量が減るのは嫌だわ! ボリュームが減ってくると、より老けて見えるのよね。。白髪を抜くのはNGね!

 

数本の白髪ならカットするのがおすすめ

気になる白髪は、ピンポイントでカットするのがおすすめです。白髪を1本持って、根元に近い部分をハサミでカットします。通常のヘアカット用のハサミだと、他の黒い毛もカットしてしまったりします。眉毛用の小さいハサミをお持ちでしたら、そちらを使うとよいですよ。

根元を狙いやすいカーブ刃で、眉毛・ムダ毛の処理、つけまつげをカットするためのはさみ。眉毛などをカットするついでに白髪もどうぞ。

白髪をピンポイントでカットできる便利グッズがあった!

眉毛用のハサミよりももっと使いやすそうな白髪カットグッズを生協で見つけたので購入してみました。

それがこちら。

白髪をカットできるピンカット

その名は「ピンカット」。発売元はトップ産業株式会社、製造元がカミソリなどでお馴染みの貝印株式会社です。

 

ピンカット 使い方

使い方は、抜きたい白髪をつまみ、ピンカットの溝に入れて引っ掛けるだけ。らくらくカットできます。長い白髪だと根元に近い方で切れました! ただ、短い白髪だとちょっとカットしづらく、その場合は眉毛用ハサミなどで切ったほうがよいなと思いました。

 

ピンカット

楽天で購入

 

生協以外ではあまり売られていないみたいです。使いやすく便利な商品なのにもったいない。ピンカットという名前がちょっと分かりづらいのでしょうか。

created by Rinker
グリーンベル
¥508 (2019/07/16 13:55:48時点 Amazon調べ-詳細)

他にはこういう白髪カットハサミも売られています。軽くつまんで挟む感覚でパチン!と、1本ずつ確実に切れる枝毛・白髪切り。

Amazonカスタマーレビューで★★★★4.4を獲得‼

白髪が増えてきた夫の白髪切りに購入。
いままで、一本一本指でつまんでハサミで慎重に切って、それなのに黒い毛が混ざって、あ〜ーー!! ってなってたのが、嘘のよう…
狙った毛だけを、スッと掴んで、パチンと切れる。この上なく気持ちいいし、毛づくろい時間も半減以下。すばらしい。
みなさんも夫婦のコミュニケーションとして、これを使った白髪切りをしてみては。

 

日々の幸子
日々の幸子

白髪用に1つ専用のハサミをもっていると便利ね。

 

created by Rinker
ヤマムラ(Yamamura)
¥3,131 (2019/07/16 13:55:49時点 Amazon調べ-詳細)

頭頂部が見やすいミラーがあると後ろの方の白髪も見つけやすくていいですね。

上の鏡の像が下の鏡に反射して、普段見えない頭頂部などが観察できます。白髪抜きのために買ったのですが、頭頂部や、付属の手鏡を併用すれば、側面や、からり背面も見えるので、白髪他をチェックするに良いです。

 

切っても切っても生えてくる“やっかいな白髪”には、便利グッズで対処して、いつまでも綺麗でいたいですね。

Advertisement
テキストのコピーはできません。