夜のつらい咳には置き玉ねぎが効く! 簡単で子どもにも安心!

夜のつらい咳には置き玉ねぎが効く! 簡単で子どもにも安心!

こんにちは、日々の幸子(@hibinohappy)です。

こどもが風邪をひいている時、昼間はそれほど咳き込まなくても、夜寝ている時に急に咳がひどくなりますよね。

あまりにひどい場合は、ちょっと起こして水分をとらせたりしますが、なるべく起こしたくないもの。

こどもを起こさず、かつ簡単に咳止めできたらいいですね。

 

実は、超簡単で、しかも即効性のある方法があるんです。

どこのご家庭にも常備している「生の玉ねぎ」を使うだけなんです。

通称「置きタマ」とも言うのだとか!

あまりに簡単で誰でもすぐできますよ。

その方法を伝授しますね。

Advertisement

 

玉ねぎを切って枕元に置くだけで咳止め効果が!

カットした玉ねぎ

タイトル通りなので、お教えするほどのものではないのですが(笑)。

玉ねぎで咳止めする方法

生の玉ねぎの皮を剥いて、半分に切ります。(※皮を剥くのが面倒くさい人はそのままでもOK)

半分も使うのがもったいない人は、さらにカットして少量にしてもOK。

お皿などの上にカットした断面を上にして置き、枕元に置くだけ!

水にさらすと有効成分が流れてしまうので、カットしたらそのまま置いてください。

こどもがいてお皿を置くのが危ない場合は、サランラップなどの上に置いてもいいですよ。

 

我が家の風邪気味の娘も、夜寝ている時に咳がひどくなり、大丈夫かなと心配になったのですが、「置きタマ」のことを思い出して即実践。

するとすぐに咳が止まってスヤスヤと寝始めました。

即効性ありです!

 

日々の幸子
日々の幸子

玉ねぎのニオイが部屋中に充満するけれど、そのニオイの成分がポイントなのよ! 切った玉ねぎは水にさらさず、そのまま置いてね!

 

なぜ玉ねぎに咳止め効果があるの?

ポイントは玉ねぎの成分「硫化アリル」

玉ねぎとユリ科の仲間たち

玉ねぎやユリ科の植物であるネギ、ニンニク、ニラなどには「硫化アリル(りゅうかありる)」と呼ばれる成分が多く含まれています。

玉ねぎの特有のツーンとしたニオイは硫化アリルによるものなんです。

玉ねぎを切ると涙が出るのは、硫化アリルが空気中に混ざって目などの粘膜を刺激するから。

この硫化アリルには、自律神経の興奮を和らげ、安眠・快眠効果があるので、咳が止まると言われています。

 

日々の幸子
日々の幸子

カットした断面を上にして置くのは、硫化アリルを部屋に広げるためなのね。

 

なぜ自律神経の興奮を和らげると咳が止まるの?

咳は、日中よりも夜や朝方に出やすくなります。

これは、自律神経の働きが影響しています。眠っている時には、リラックスした状態となり、副交感神経の働きが強くなります。副交感神経の働きが強くなると、気管や気道が狭く過敏になり、咳き込みやすくなります。

寝ている時の自律神経の興奮を和らげてあげることで、咳を鎮めることができます。

 

自律神経以外の夜間の咳の原因と対処法

睡眠

副交感神経の働きが優位になるという原因以外にも、夜間の咳の原因はあります。

 

●布団に入ると体が温まっていても、寝室の空気が冷えていると、その温度差でのどや気管支が過敏になり咳が出やすくなります。

対処法→加湿したり、部屋の温度を上げる。

空気清浄機能もあると、お部屋の空気も綺麗になってよいですね。

 

●横になると、鼻水や痰が気管に流れ落ち、咳が出やすくなります。

対処法→枕などを使って、頭を高くすると効果的。

なだらかな枕なら、小さいお子さんでも使えそうですね。

 

●アレルギーがない人でも、ほこりやダニが刺激になり、咳の原因となります。

対処法→布団はこまめに掃除して、ほこりやダニを除去しましょう。

我が家でも使っています。ダニや小さな粉塵が沢山取れてよいです。

 

置き玉ねぎ以外の夜間のおすすめ咳対策

置き玉ねぎでも効果的ですが、我が家ではもう一つ咳対策で実践していることがあります。

よかったらこちらもお読みください。

 

【レビュー】ヴィックスヴェポラッブを足裏に塗って夜間の咳対策! 花粉症にも!

テキストのコピーはできません。